つづくこと・なくなること・くりかえされること2009

「つづくこと・なくなること・くりかえされること2009」の詳細が決まりました!
ウェブサイトはこちらから>>>

CDR2009_image_s.jpg

開催期間: 11月7日(土)ー11月30日(月)[火曜休館]
会場: 手錢邸[島根県出雲市大社町杵築西2450]
※その他、手錢記念館、島根県立古代出雲歴史博物館などでイベントが開催されます。
入館料:つづくこと09パスポート 大人 1000円※
※ 手錢邸と手錢記念館に開催期間中何度でも入館できます。 
◯手錢邸のみ入館 大人500円 ◯手錢記念館のみ入館 大人600円
[開催期間中に限り、高校生以下は無料で入館できます] 
※11月7日(土)は無料で入館できます。

主催: 財団法人 手錢記念館
助成: しまね文化ファンド、エネルギア 文化・スポーツ財団
協力: 島根県立古代出雲歴史博物館、島根大学法文学部言語文化学科伊集院敬行研究室
後援: 出雲総合芸術文化祭実行委員会、NHK松江放送局、山陰中央テレビ、BSS山陰放送、出雲ケーブルビジョン、山陰中央新報社、島根日日新聞社、FMいずも


「つづくこと・なくなること・くりかえされること」について
 「つづくこと・なくなること・くりかえされること」は美術、文化、伝統について再考することを目的に2008年スタートしました。2回目となる2009年は江戸時代に建造された手錢邸をメイン会場としながら、大社町全体が舞台となります。出雲地方が「神在月」となる旧暦10月、全国の神々が集まるように人々が集い、身の回りにあるこれからも伝えられていくこと、失われていくもの、循環していくことについて考え、言葉を交わす場所が生まれます。


●木村幸恵「レイコの出雲<美術>留学」 11月7日(土)ー11月30日(月)
会場;手銭邸ほか |手錢邸は9:00〜16:30開館
神迎えの時期、現代美術作家・木村幸恵が「レイコ」として出雲エリアへ美術留学にやってきます。レイコは手銭邸にアトリエを構え、留学の成果を映像、立体など様々なメディアで展示します。また大社町を舞台にイベント、ワークショップを行います。


◯プレイベント「レイコが大社にやってきた
留学開始にあたり、レイコによるトークイベントを開催します。
−日時:11月3日(祝・火)15:00〜16:00
−会場:島根県立古代出雲歴史博物館 エントランスホール
−参加費:無料


◯ワークショップ「レイコとのデッサン会」
参加者同士の上半身を描き合います。人を描く、人に描かれるという体験をしてみませんか。参加者の皆さんに描いていただいた作品は、期間中展示会場内に展示します。
−日時:11月8日(日)12:45〜16:30
−会場:手錢邸
−参加費: 500円/材料費として(別途入館料が必要です)
−定員:20名 *要予約


◯美術館の夕べ「夢と静」
第一部:能楽師と大社小学校6年生有志の共演による「夢十夜」より第三夜の上演
第二部:能楽師と木村幸恵のユウレイの共演による「二人静」の上演
−日時:11月9日(月)17:30開場 18:00開演 20:30終演予定 
−会場:手錢記念館 第二展示室
−参加費:無料(別途入館料が必要です)
−定員:100名 *要予約


安田登(やすだ・のぼる)1956年千葉県生まれ。ワキ方の重鎮・鏑木岑男に師事し、下掛宝生流ワキ方能楽師となる。国内外を問わず舞台をつとめ、小学生から大学生までの創作能、ワークショップ、朗読ライブも頻繁に開催している。


槻宅聡(つきたく・さとし)能楽森田流笛方。社団法人能楽協会会員。1961年、島根県安来市生まれ。1993年、国立能楽堂第2期研修修了。故・寺井啓之(重要無形文化財総合指定)、中谷明(重要無形文化財総合指定)に師事。


◯トークセッション「レイコと先生の公開研究会」
第一部:レイコの研究発表「遠近法とユウレイと麗子像」
第二部:伊集院敬行による講演「<作品を見る>から<作品に見られる>へ」
−日時:11月21日(土) 15:30〜18:30
−会場:手錢記念館 第二展示室
−参加費:無料(別途入館料が必要です)
−定員:50名 *要予約


伊集院敬行(いじゅういん・たかゆき)1969年生まれ。京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、島根大学法文学部言語文化学科准教授。専攻は映像論、デザイン論など。


◯クロージングイベント「レイコが大社を去っていく」
レイコが出雲<美術>留学を終えるにあたり報告会を行います。
−日時:11月29日(日)16:00〜18:00
−会場:手錢記念館 第二展示室
−参加費:無料(別途入館料が必要です)


● 講演/フォーラム「文化による地域振興とは?ーアートと美術館の視点からー」
青森県十和田市で街を元気にすべく、アート・食・デザイン・歴史・観光などあらゆる方面での知識と経験を生かして活動している小林ベイカー央子さんをお迎えしてお話をしていただきます。今まで続いてきた町、これからも続いていく町、町とどのように関わり、どのように行動していくかについて考えます。
−日時:11月23日(祝・月)15:00〜18:00
第一部 メインスピーカーによるトーク 15:00〜16:15
第二部 パネラーを交えてのフォーラム 16:30〜18:00
−メインスピーカー:小林ベイカー央子(十和田市現代美術館・特任館長)
−パネラー:谷川公朗(MTT代表)、松田龍太郎、手銭和加子(「つづくこと・なくなること・くりかえされること」企画担当)
−会場:島根県立古代出雲歴史博物館 講義室
−定員:120名
−参加費: 無料


小林ベイカー央子(こばやし・ベイカー・ようこ)1966年生まれ、青森県十和田市出身。日本大学芸術学部放送学科卒業。1989年(株)仙台放送にアナウンサーとして入社。1997年よりフリーキャスターとして、NHK衛星第一放送『ワールドリポート』、フジテレビ『スーパーニュース』などに出演。2008年から十和田市現代美術館・特任館長として、青森県十和田市の広報活動とまちづくりに関わっている。


谷川公明(たにがわ・きみあき)1974年生まれ。東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻修了。卒業後、現場監督を経てナンジョウアンドアソシエイツに勤務、十和田市野外芸術文化ゾーン構想を担当。退社後、インテリア会社で働きつつ、現代アートと社会を繋げる活動として、展覧会の企画やまちづくりに関わる。


松田龍太郎(まつだ・りゅうたろう)1977年生まれ、青森県弘前市出身。慶応大学環境情報学部で世界遺産登録のための事前調査、街活性化プランづくりなどを中心に建築を学ぶ。その後、NHKに入局、カメラマンとして全国各地を回る。現在は、飲食店プロデュースの会社に転職、「街に必要な場づくり」を目指して修行中。


●手錢記念館ワークショップ「江戸時代の婚礼の献立をつくろう」
手錢家に残る婚礼献立の古文書を読み解きながら、島根県出雲市の日本料理「登わ」安藤登さんを講師に迎え、婚礼料理を再現します。江戸時代の出雲地方で喜ばれていた祝いの味を皆さんも味わってみませんか?
−日時:11月15日(日)10:00〜14:30
−会場:手錢記念館→大社コミュニティーセンター調理室
−参加費: 1000円/食材費として(別途入館料が必要です)
−定員15名 *要予約


● 学芸員によるトーク
企画展「銅器 〜形を楽しむ、用途を楽しむ〜」と出雲地方の美術・工芸について、展示品を前に手錢記念館学芸員が説明します。
−日時:11月14日(土)14:00〜14:45


申し込みと参加方法 
メール: info@tezenmuseum.com
電話/ファックス: 0853-53-2000
まで参加希望イベントとお名前をお知らせください。

新年あけましておめでとうございます|A Happy New Year

「つづくこと・なくなること・くりかえされること 2008」が終了して、約一ヶ月が経過しつつあります。
旧年中は皆様にご指導、ご支援を頂き誠にありがとうございます。
現在、2008年の記録集を作成中です。
完成しましたら、このページに情報をアップしますので楽しみにお待ちいただければと思います。
2009年も何卒よろしくお願いいたします。


It's been almost a month since our project "Continue, Disappear, Regenerate 2008" has finished.
We truly appreciate for your support for the project in 2008.
The project team is currently editing a catalogue for the project and will update the information upon its publication.
Please look forward to our upcoming programs in 2009!


02Jan2009.jpg

最終日です。| The Last Day!

今日で「つづくこと・なくなること・くりかえされること 2008」が終了します。
今日まで924人の方にご入館いただきました。有り難うございます!
入館者1000人目の方には何かご用意したいと思っていますが、さて最終日で1000人達成なるか・・・。
皆様のお越しを心よりお待ち致しております!


Today is the last day of "Continue, Disappear, Regenerate 2008".
The total of 924 people have participated the project.
We appreciate for your support, thank you!

niwa_3.jpg niwa_2.jpg

イズモニオクミと能楽 | IZUMONIOKUMI and NOHGAKU

雪のちらつく天気の中でしたが、沢山の方にご参加いただきました。
高木久美さん先導のもと家の中を部屋から部屋へと移動すると安田登さんと槻宅聡さんによる語りと笛が展開されていきます。


こんな夢を見た。


で始まる、二つのお話。


夏目漱石の『夢十夜』から、第一夜と第三夜でした。


私は今日何かを目撃してしまった。


心がぐらぐらと奇妙に揺れた黄昏どきでした。


Although it was snowy evening, many people participated in the Noh performance in the exhibition space of IZUMONIOKUMI.

From Soseki Natsume's "Yume Jyu-ya (Ten Nights' Dreams)" (1908), the first and the third nights were performed.

nougaku_flesh.jpg

12 月6日(土)開催「イズモニオクミと能楽」| IZUMONIOKUMI and NOHGAKU

「つづくこと・なくなること・くりかえされること 2008」も残すところあと5日となりました。
ラストイベントとして12月6日(土)黄昏どきに
「イズモニオクミ」と能楽のコラボレーションを行います。
出演は下掛宝生流ワキ方・安田登さんと森田流笛方・槻宅聡さん。
日本の伝統芸術と現代美術が生み出す不思議な世界です。
詳細は当日のお楽しみ・・・ご来場をお待ちしています。


イズモニオクミと能楽
12 月6日(土)16:00 ~
会場:手錢家家屋と庭園
お問い合わせ:
TEL : 0853-53-2000|E-mail : info@tezenmuseum.com


As the last event, we are holding a Noh performance in the house where the works of IZUMONIOKUMI are exhibited.


IZUMONIOKUMI and NOHGAKU
December 6, 2008 (sat) 4:00pm
at House and garden of Tezen family
TEL : 81-(0)853-53-2000|E-mail : info@tezenmuseum.com

音は空の方へとのびていきました|The sound stretched to the sky

ツィンバロンのすーっとのぼる音、ピアノのポロンとまるい音が冬の冷たい空気に響きました。
cimbalom1.jpg cimbalom2.jpg

2008年12月25日プラバホール(島根県松江市)では、今回演奏いただいた斉藤浩さん(ツィンバロン)と米山麻美さん(ピアノ)によるクリスマスコンサートが行われます。
米山さんはパイプオルガンを演奏される予定です。

プラバホール|クリスマスコンサートのサイトはこちらから
http://www.web-sanin.co.jp/matsue/plover/hall/event/e2008/1225.html

11月30日(日)「斉藤浩 ツィンバロンコンサート」|Cimbalom Concert by Hiroshi Saito

2006年アジア人で初めてツィンバロン・ソリストディプロマを授与され、日本を代表するツィンバロン奏者として注目されている打弦楽器奏者の斉藤浩(さいとうひろし)さんのコンサートを開きます。酒蔵を改装した第二展示室に響きわたる音色をお楽しみ下さい。

--------------------------------------------------------------------
11月30日(日)14:00 会場:手錢記念館第二展示室
参加費: 無料 *手錢記念館への入館券が必要です


第1部
・古いハンガリーの民謡(ハンガリー民謡)
・プレリュードとトッカティーナ(J.マゾウロヴァ)
・無伴奏チェロ組曲第1番より(J.S.バッハ)
 プレリュード
 アルマンド
 ジグ
・コンサートエチュード「嵐」(G.アラガ)
・おやすみ(L.ヤナーチェク)

休憩

第2部
・小さい秋見つけた
・7つの子
・赤とんぼ
・里の秋

ツィンバロン:斉藤 浩
ピアノ:米山 麻美


【ツィンバロンとは】
西アジアに起源を持ち、中欧・東欧地域に広まった大型の打弦楽器。
台形の箱の上に百数十本の金属弦を張り、バチで叩いて演奏する。


斉藤浩さんのホームページ
http://www.cimbalmos.com/

アーティストトークと「つづくまち」のご報告

11月22日(土)に開催したアーティストトークと「つづくまち」シンポジウムには県外、県内、大社町から50〜60人の方にご参加いただきました。
アーティストトークでは、高木さんから作品について考えていることの話、作品を観た人からの質問がありました。
artist_talk1.JPG artist_talk2.JPG

シンポジウムでは、山代さんから各地で行われてきたアートプロジェクトについて、江角さんから古民家塾での活動についてお話いただきました。
大社町(神迎の道の会、神門通り甦りの会)の方の意見、県外から初めて島根へお越しになった方の街の印象も聞く事ができました。

symposium_1.JPG symposium_2.JPG

11月22日(土)開催「つづくまち」

11月22日(土)の午後3時半から「つづくまち」と題してシンポジウムを行います。
シンポジウムと銘打ってしまいましたが、火鉢を囲んでの寄り合いのようなものです。
スピーカーは山代悟さん、江角俊則さん。
お茶を飲みがてら、お立ち寄り下さい。
ビルディングランドスケープ(山代さん主宰http://www.buildinglandscape.com/
City Switch (8月に行われた山代さん企画のプロジェクト
http://www.urban-dynamics.com/city_switch_2008_izumo/
古民家塾(江角さん主宰)http://kominnka.exblog.jp/

園外保育で。|Taisha Kindergarten

大社幼稚園の先生が園児を連れて手銭記念館に来てくれました。
みなさん楽しんで観てくれました。
会場マップは探検マップに早変わり。


さて今ドコにいるかな?


お子さん達にはクイズ形式のガイドツアーを行っています。


Students of Taisha Kindergarten visited Tezen Museum.
The guide map has turned into an expedition map!

Where are we now?


ennji_1.jpg ennji_2.jpg

自分の住む町に吹く「風」におもちゃを作ろう!|Let's make toys for the 'wind' breezing in your town!

ご近所の方から、観光でいらした方まで沢山の方に参加していただきました。

Many people including people living nearby and people who came for sightseeing participated in the workshop.

P1010372.JPG P1010315.JPG P1010329.JPG P1010362.JPG
P1010375.JPG P1010349.JPG P1010360.JPG P1010361.JPG
P1010346.JPG P1010338.JPG
P1010344.JPG P1010352.JPG

ボランティアスタッフ

今日は大社中学校の5名の学生さんがお手伝いに来てくれました。
内容はワークショップの準備とビラ(フライヤー)配りです。
大社の町の案内役にもってこいの彼ら、明るく礼儀正しい学生さんでした。
どうもありがとうございました。

P1010274.JPG P1010295.JPG
P1010310.JPG P1010288.JPG

お待たせしました、作品。|The works of IZUMONIOKUMI

fukaku_1.jpg fusumanosukima.jpg
深く奥底まで Deeply, to the bottom      ふすまのすきま Between FUSUMA


flesh_and_pump.jpg furiko.jpg
肉とポンプ Flesh and Pump         ユレフレズレ Yure, Fure, Zure


tubo.jpg isinonamida.jpg
つぼの口を切る The lid is opened       石の涙 A Tear of Stones


gosyoutai.jpg tokoni.jpg
ゴショウタイ An Invitation          床に Where you lay down


お茶の時間|Time for Tea

出雲地方には沢山のお茶菓子があります。
普段から10時と15時にはお茶をして一息つくのです。
ちなみに出雲弁だと休憩するを『たばこする』と表現するそうです。
『まあ、たばこしていきなはい』どうぞ休憩していって下さい。
ちなみに今日のお茶はぜんざい。塩昆布が添えられて、甘い後に
ちょっとした塩分がちょうどよく、おいしいお茶でありました。


Various tea cakes are enjoyed in Izumo area.
It seems natural for people living this area to have a tea break daily at 10 am and 3 pm.

お茶1.jpg

今回の展示スペースの一つであるお茶室では11時と15時に呈茶をしています。
一畳中板台目の小さなお茶室で、不味流(ふまいりゅう)のおもてなしです。
濃茶席では甘いおぐらのお菓子、薄茶席では口の中でさらっと溶ける出雲藩の
おとめ菓子「山川」を頂くことができます。


In one of the exhibition space, tea is served at 11 am and 3 pm.
Koicha and Usucha are served with tea cakes of Izumo area in a room of 3 square meters built in 1935.

呈茶.jpg

おぐら.jpg 山川.jpg

ご来場ありがとうございました。
作品を通して沢山のご意見ご感想を頂いております。

お話2.jpg お話3.jpg

ワークショップ準備中...

竹.jpg 伐採.jpg
zairyou .jpg

16日には一般の方向けにワークショップ、自分の住む町に吹く「風」におもちゃを作ろう!を行います。材料となる竹を手銭家から頂きました。
他にも大社町で見つけた自然の素材、木の実や葉っぱ、貝殻やヒトデなど沢山あります。
皆さん、お気軽にご参加下さい。 

↓こちらは試作品。
試作品.jpg 試作品2.jpg

稲佐の浜

稲佐の浜.jpg 海 夜.jpg

八百万の神様たちは日本各地から海を渡ってきてこの稲佐の浜に着きます。
そんな神様も人も鳥も集まる浜辺です。
ちなみに神迎の日は天気が荒れる時期で、それは神様が荒波に乗って来られるからといわれるようになりました。また、この時期は浜にたくさんのウミヘビが打ち上げられるのですが、竜蛇さまと呼ばれ神様の使いとされています。

山陰道にて

田んぼ.jpg 大根.jpg

今日は休館日です。なので大社から出雲空港までを自転車で散歩(往復約40km)
重そうな雲はほとんど途切れることなく続いているのですが、覗いた空は青くて、日はあったかくて、とても気持ちがよい天気なのです。
空港周辺は辺り一面田んぼでものが少ないのですが、大根の隊列を発見。シュールかつ形の良いきれいな大根達でした。

夕方.jpg

帰り道も空もよいのです。

「ふくふくオーケストラ」

10日と11日の二日間、大社幼稚園、ばら組の園児16名と風船の楽器を作りました。
a.jpg

住田大輔さん作曲の音楽「Never Ending」に合わせてまずはみんなで体を動かそう!
b.jpg c.jpg d.jpg

さっそく風船作り、トレーシングペーパーをくしゅくしゅにしてひらいて〜
j_.jpg i_.jpg

できた風船に絵を描こう!
f.jpg g.jpg

天気がいいので、外に出て演奏しました。
h.jpg i.jpg j.jpg k.jpg

ボランティアスタッフ

PB080410.JPG PB090429.JPG

大社中学の生徒さんがボランティアスタッフとして来てくれました。
受付をしてもらったり、会場案内をしてもらったり、はたまたワークシートを折るのを手伝ってもらったり...。
町内の奥様方にもお手伝いいただいています。みなさんありがとうございます。

神迎の夜

P1000956.JPG P1000944.JPG

<神様を迎えに>
11月8日の晩、出雲大社には全国からやおよろずの神様が集まるようです。
神様がやってくるといわれる稲佐の浜には大勢の人が集まり今かとその時を待ち、いらっしゃった神様の後ろをぞろぞろとついて行き出雲大社まで見送るのでした。見えない存在が大きな存在になるこの場所に私は驚きました。我々には見えないものを追い求める力があるのだと強く感じた時間。

神社.jpg キャンドルアート.jpg

<ひかりのアート>
神迎の道を歩いていて吸い寄せられるように入ってしまったのが、ここ越峠荒神社。
今夜は沢山のキャンドルが境内を美しく照らしていました。このキャンドルは天ぷら油などの廃油で町の方々が作ったもの、キャンドルは使用済み包装紙で色鮮やかに飾られています。ここに来た人は一つ手に取って火を灯し、すきな場所に置くことができるようで、なんとこれは今晩最後の1つ!さて何処に置きましょうか。。。
ゆらゆらと動くひかりをしばらく眺めていました、少しずつ消えてゆくのを感じながら。

bar1.jpg bar2.jpg

<迎 Bar>
こちらも神迎の道沿い、空き家を利用した期間限定Bar。
私はマスターのきまぐれ焼酎を注文。手作りの梅干しとお塩が添えられてできました。
大社町の夜は早く、21時前でしーんと静まりかえっています、そんな中この小さな空間でのお酒は人と人をあっという間につなげます。ストーブ1つで暖かい、良い時間、ごちそうさまでした。