2010年8月

つづくこと・なくなること・くりかえされること 2010

「つづくこと・なくなること・くりかえされること」について

「つづくこと・なくなること・くりかえされること」は美術、文化、伝統について再考することを目的に2008年スタートしました。

3回目となる2010年は江戸時代に建てられた手錢邸で作品展示を、大正時代に建てられた神門の町家でワークショップ、トークセッションを開催します。出雲地方が「神在月」となる旧暦10月、全国の神々が集まるように人々が集い、身の回りにあるこれからも伝えられていくこと、失われていくもの、循環していくことについて考え、言葉を交わす場所が生まれます。


=============================
つづくこと・なくなること・くりかえされること 2010
《凸凹出雲ノスゝメ》
開催期間:2010年11月6日(土)ー 11月23日(祝・火)
会場:手錢邸 [島根県出雲市大社町杵築西2450]
   神門の町家|北のハウス・南のハウス[島根県出雲市大社町杵築南1342]
入館料: 500円 [高校生以下は無料] 
主催:  財団法人 手錢記念館
=============================


2010年お招きするアーティストは彫刻家の大平龍一さんです。
既に3回の出雲視察を終え、壮大な企画に仕上がりつつあります。
あっと驚く光景が出雲に出現します。どうぞご期待ください。


■大平龍一公式ホームページ 
http://www016.upp.so-net.ne.jp/ryu-1/


神門通りについてはこちらから↓
■【出雲大社】神門通り甦りの会ブログ 
http://blogs.yahoo.co.jp/shinmon_y