出雲今昔~むかしのくらし・食~

2021年7月7日(水)–9月27日(月)

伝来する器や調理器具には、

・コンパクトな収納 

・機能的な形 

・温かいものは温かく

など、現代とも共通する工夫や挑戦や発想が、沢山あります。

婚礼やおもてなしの献立からは、当時この地方でどのような食材が収穫されていたのかを類推することも出来ます。

また、伝来する食材に関する抜き書きや覚え書きからは、当時の「食」と「健康」への深い関心が見えてきます。

御覧下さる皆様の想像力におまかせする部分の大きな展示ですが、江戸時代の暮らしの中で「食」が果たしていた役割について、少しでも知っていたければ幸いです。

 

ギャラリー

写真一覧をご覧ください

桜蒔絵提げ重
茶懐石膳
竹重弁当箱
本膳・二の膳・三の膳(婚礼)
切溜(きりだめ)
野弁当セット
燗銅壺
朱塗り提げ重
燗洞壷
信玄弁当
2021sep_wedding.bmp